アイフルのローンを相続放棄する方法ってある?

 被相続人(亡くなられた方)の財産が債務(借金)だけであったり、財産はあるものの借金の額の方が大きくてトータルすると債務超過になっている場合など、原則として相続人(相続する人)が相続の事実を知った時(自分が相続人である人が亡くなったことを知った時)から三か月経過するまでに限定承認あるいは相続放棄の手続きを取らないと、その借金を返済する義務を負うことになります。被相続人の相続人が複数いて分割協議がまとまっていなくても、この三か月という期間に変更はありません。
 アイフルに限らずローンによる負債が残された時で、プラスの財産がローンの額よりも少ない場合は、この期間内に相続放棄の手続きをすることが望まれます。限定承認の方は相続人全員が同時に手続きに参加しなければなりませんが、相続放棄は各相続人が自分一人でできる手続きですので、こちらの方法がより現実的です。
 アイフルのローンがある場合で、できることならローンの債務だけ相続放棄したいところですが、そんな方法はありません。アイフルに借りているとすればほかの消費者金融にも債務があるかもしれませんが、それらすべてを被相続人のプラスの財産ともども相続放棄しなければならないのです。相続放棄は相続人が被相続人の債務の継承により本来責任のない債務を担う不合理を解消するための制度ですから、例えばアイフルのローンだけを放棄して、プラスの財産は相続するといった身勝手は認められないのです。
 手続きとしては裁判所ホームページに詳しく表記されていますし、弁護士か司法書士に相談すれば、3万円程度の費用で代わりに手続きしてくれますので活用すればよろしいでしょう。
 

Gee